ヘアカラーのアレルギーを防ぐには?酸化染料によるかぶれ・炎症の対策

ヘアカラーでかぶれ・かゆみを未然に防ぐ方法

「これまでに染めていて何の問題もなかったのに、急に首までかぶれが出てしまいました。」

そんなことあるの?と思われるかもしれませんが、実際に体調などによってこれまでは何ともなくても

アレルギー症状が出てしまうことがあります。これがヘアカラーのアレルギーです。

 

ヘアカラーのアレルギー症状

ヘアカラー(2剤式の酸化染料)でかぶれてしまう原因として考えられることは、

・パラフェニレンジアミンなどのジアミン系酸化染料によるアレルギー症状によるもの

・過酸化水素やその他のアルカリ剤によるもの

などが考えられます。

頭皮がヒリヒリして赤くかぶれてしまったり、かゆみが数日消えなかったり、顔や首の一部まで赤みが出てしまったりと

症状はそれぞれ違うようですが、初めてヘアカラーをする人だけでなく、これまでヘアカラーをしていた人でも急に起こってしまうことがあります。

 

なんとかして防ぎたいヘアカラーアレルギー

ではどのようにヘアカラーのアレルギーを防ぐことができるでしょうか?

かぶれないか確認をするには、48時間のパッチテストを行いましょう。

パッチテストは実際に染めるのに利用するヘアカラーを使って行います。

パッチテストの方法

ヘアカラーの1剤と2剤を少量ずつ混ぜて綿棒などで腕の内側の肌が白いところに塗ります。

塗る大きさは100円玉くらいの大きさです。その後、自然乾燥させて48時間経過をみます。

塗ったところが30分後と48時間後に変化が出ていなければOKです。(途中で異常が出たらすぐに中止)

もしも、かぶれやかゆみ、発疹などの皮膚の異常があらわれたときは、アレルギーが出る可能性が高いため

染めるのやめるか、2剤式のヘアカラーではなく、ヘアマニキュア等のカラーリングを使いましょう。

 

いつ出るかわからないアレルギー症状

ヘアカラーに限らず、アレルギー症状というものは急に出てくることがあるそうです。

ヘアカラーの場合も同様です。

せっかくキレイにするためのヘアカラーですから、お肌に合わないときなどは使用を控えたり

違うカラーリングを使われるのが良いのではないでしょうか。

 

快適に、自宅でカラーをしていきたいものですね。