ヘアカラーで皮膚トラブル!?

ヘアカラーは皮膚トラブルが多い!?

消費者庁が事前のテストよびかけ

ヘアカラーで皮膚障害も、事前にテストするよう呼びかけ

ヘアカラーや白髪染めなどの染毛剤で、一度アレルギー症状が出てしまうと、使うたびに重症化する特性があるとして、事前にアレルギー反応のテストをするよう、消費者庁などが注意を呼びかけました。・・・原因は、大半のヘアカラー剤に含まれる酸化染料「パラフェニレンジアミン」。酸化染料は、毛髪のメラニン色素を脱色させたり、色を染めたりする作用があり、また、色持ちが良いことから、最も広く使われているということです。・・・(TBS News i から一部引用)

 

ヘアカラーで起きる皮膚トラブル、少し赤みが出ると思っていたらアレルギー症状が出てしまうということもあるそうで、ヘアカラーを実施する前にはパッチテストを行うように消費者庁が呼びかけたようです。

パッチテストで反応が出なければ大丈夫。

 

慣れるまでは大変かもしれませんが、二の腕の内側など肌の白い部分にヘアカラー剤を塗って30分放置してふき取って、その後48時間観察して異常が見られなければ大丈夫なようです。

 

せっかくキレイに染めるんです。酸化染料を使ったヘアカラー・2剤式のヘアカラーは使用時に十分気をつけて使いましょう。

 

肌が弱い場合に使えるヘアカラー

黒髪の髪色をすごく明るくするには、過酸化水素などが入っているヘアカラーを使わなければいけないので、なかなか代用できるものは多くないですが、

肌が弱いかたはヘアマニキュアやトリートメントタイプのヘアカラーなら、肌への負担は少ないです。その場合でも心配でしたらパッチテストをされるのが良いです。

 

敏感肌でも使える白髪染め

白髪染めもヘアカラーと同様で、2剤式で肌荒れしてしまったといったかたや、お肌がもともと強くないというかたには負担がかかってしまうかもしれません。

肌に大きな負担をかけずに染めたいという場合は、染毛力は弱いですが、トリートメントタイプの白髪染めがおすすめです。

染まる力が強くないのでコツをつかむまでは大変だというかたもいるかもしれません。慣れてしまえば、結構簡単に染められます。

 

トリートメントタイプの白髪染めの使い方のコツ

たっぷり塗る

しっかり染めるには、しっかりと毛髪にクリームが付いている状態でないければいけません。しっかりと塗りこまれていないと染まらない原因や染めムラの原因になります。

塗りこむときはクリームを髪にある程度いきわたらせたあとにコームでしっかりととかしてください。自分でとかすときのコツは下から上、上から下前から後ろ、後ろから前、と一方向にだけ向かってとかさないようにすることです。

 

温める

ヘアカラー・白髪染め全般的にそうですが、トリートメントタイプの白髪染めも同じく、温めが肝心です。

簡単に温めようとすると、ラップを巻いてその上からシャワーキャップを被り、1~2分ドライヤーで温めます。

 

トリートメントタイプの白髪染めの使用感

トリートメントタイプの白髪染めの使用感は、2剤式の白髪染めと比較すると髪の傷みがないです。また染める頻度は増えるのですが、トリートメントのように使えるものが多いです。そういったものは使いやすいです。

 

白髪染めトリートメントをいろいろ使ってみました。詳しくはこちらから。