ヘアカラーで髪が抜けるってほんと?!

まさか・・・。ヘアカラーで髪が抜ける?

あれ?最近、頭頂部やばい?薄くない?

「学生の頃から20代前半までいつもヘアカラーをしていたのですが、最近、細い抜毛が気になる。」

「30代に入ってから、急に白髪がでてきて・・・若いときはずっとヘアカラーだったけど、もう白髪染めにしないと。」

 

こんなことってあるの?と思っているあなた。

 

事実、これは本当のコメントなのです。

 

ヘアカラーでハゲるということは大昔から言われてきたことのようですが、ケアをしっかりとしていればもちろん薄毛を防げる可能性もあります。

 

ヘアカラーで「皮膚障害」急増!?

毛染めによるアレルギーに御注意!

(酸化染毛剤はヘアカラーリング剤の中でもアレルギーを引き起こしやすい)
毛染めによる皮膚障害の多くは接触皮膚炎で、その直接的な原因はヘアカラーリング剤です。ヘアカラーリング剤の中でも酸化染毛剤(ヘアカラー、ヘアダイ、白髪染め、おしゃれ染め、アルカリカラー等と呼ばれる。)は、最も広く使用されていますが、他のカラーリング剤と比べてアレルギー性接触皮膚炎を引き起こしやすくもあります。

(アレルギーの場合、再度の使用により症状が重くなることも)
これまでに毛染めで異常を感じたことのない人も、継続的に毛染めを行ううちにアレルギーになることがあります。1度目のアレルギー症状が軽かった場合も、治まった後に再度使用すれば、次第に症状が重くなる場合があります。症状には個人差があり、人によっては頭皮だけでなく、顔面や首などにまで皮膚症状が広がり、日常生活に支障を来すほどになることもあります。

(異常を感じたら、使用を止め、医療機関の受診を!)
酸化染毛剤を使用する際は、事前にセルフテストを行いましょう。また、使用して、かゆみ、赤み、痛みなどの異常を感じた場合は、アレルギー性接触皮膚炎の可能性があるため、使用を止める、医療機関を受診するなど適切に対応しましょう。

出典:消費者庁HP

なんでヘアカラーで髪が薄くなるの?

カラーリングの種類はいくつかあります。

ヘアカラー(2剤式)

いわゆる「ヘアカラー」といわれている2剤式のカラーリング。髪を明るくすることもできますが、脱色しながら色を染めることで髪が傷むというのはよく言われていることですね。

髪が傷むだけでなく、頭皮への影響も無きにしも非ず・・・・特に自宅でヘアカラー剤を買ってきて何度も染めてたり、かなり長い間ヘアカラーを続けていると頭皮への影響は出やすくなります。

酸化染毛剤
出典:http://www.jhcia.org/(日本ヘアカラー工業会HP)

 

髪を染めるときに、髪の内側に染料を閉じ込めるようなイメージなのですが、そのときに浸透を促すための薬剤が髪や頭皮への悪影響を与えてしまうおそれがあります。

今は刺激を和らげているものも出てきているようですが、アレルギーの原因になってしまうことなども考えられています。

ヘアカラーの方法によっては影響を抑えられると思いますので、上手に付き合うのが良いですね。

 

抜け毛を心配しなくても良いカラーリング

頭皮へのダメージが心配な場合でも、脱色成分を使わないカラーリングなら傷みの心配はほとんどありません。

(化粧品と同じなので、肌に合う合わないはもちろんあります)

 

ヘアマニキュアタイプ:酸性カラー

約1~2週間の色持ち。マニキュアのように髪の表面部分を染めます。染めた色は洗髪で徐々におちていきます。

カラートリートメントタイプ:白髪染めトリートメント

約1週間の色持ち。トリートメントしながら髪の表面を染めていきます。染毛力はそれほど強くないので髪質によって染まりの差があります。染めた色は洗髪で徐々におちていきます。

 

トリートメントタイプの白髪染めの詳細はこちらから

 

通常のヘアカラーは地肌になるべく付かないように塗りましょう。

時と場合によってヘアマニキュアやトリートメントタイプを上手く使い分けるのがオススメです。