育毛剤ってどう使うと効果的?

育毛剤の効果的な使い方 入門

ヘアケアといえば、シャンプーと育毛剤でしょうか。

最近は「薄毛が気になる前」から育毛剤やローションなどを使う人もいるようです。

薄毛は男性だけでなく、女性にも見られる症状ですね。働く女性の割合にも関係しているのだとか。。。

 

頭皮環境の改善で薄毛を解消

頭皮が油っぽかったり、睡眠が十分にとれていなかったり、食生活が乱れていたり、毎日髪を洗わないといったことがあると、

これらは薄毛の原因になる可能性があります。

規則正しい生活と、バランスの良い食事、頭皮を清潔にすることがまずは育毛の第一歩となります。

 

過度なストレスも薄毛の原因

極度のストレスが継続してかかることで、円形脱毛症になってしまうということもあります。

ストレスからくる体調変化は本人はすぐには気付かないことが多いのですが

ストレス変化のある3~4ヵ月後に抜毛が急に増えだした・・・・ということもあります。

また、働く女性が多くなるにつれて、女性のストレスによる薄毛もトピックとして取り上げることができるでしょう。

 

女性の薄毛は生え際やつむじなどの髪が局所的に細くなったり抜けたりということではなく、

頭頂部全体など広めの範囲で髪が抜けるということもあるようです。

 

日々のケアが半年後の美髪をつくる

ハリコシのある髪は誰もが憧れるところではありますが、

いざ育毛剤を使うとなっても、そのタイミングに迷う人が多いよう・・・

 

さて、効果的な育毛剤の使い方はどのようなものでしょうか。

 

頭皮環境を整えるには、まず清潔にすること

育毛剤は、頭皮に付けるもの。だから頭皮がキレイな状態で使うほうが効果的ですね。

つまり、頭皮がキレイなとき=シャンプーしたあと ですね。

 

あとは、髪が成長する前後に使うのも効果的ではないでしょうか。

毛髪は寝ている間に少しずつ伸びているといわれてます。

そのため、就寝前の使用も良いですね。

 

育毛剤メーカーのサイトや製品の使用説明書では朝の使用もおすすめだそうです。

 

今気にならなくても・・・備えあれば

髪が細くなってきたり抜毛が気になったりしている場合は、育毛剤を使用しながら頭皮の血行を良くするマッサージで頭皮ケアをすることが効果的。

今はまだ大丈夫・・・。

そういったかたでも、将来のキレイな髪のために育毛剤を使って頭皮ケアをしてみるのがオススメです。

加齢とともに、どうしても髪のハリコシはなくなってきてしまいます。

黒々としっかりとした髪を維持していくために日々のケアはとっても大事なことなんですね。